2009年07月11日

天使になった預言者エノク

enoch.jpg

アカデミズムの定説では、エジプトの3大ピラミッドはクフ王が建設したことになっているが、実は3大ピラミッドが建設されたのは、ノアの大洪水以前ということが判っている。
3大ピラミッドは古代エジプト文明の遺産ではなく、パンゲア文明の遺産なのだ。
聖書には大ピラミッドの建設者についての記述はないが、アラブの伝承によると、大ピラミッドの建造者の名は「イドリス」、またの名を「エノク」という。
実はフリーメーソンも、ピラミッドの建造者が「エノク」であることを極秘に伝えている。
エノクとは、聖書に登場するノアの大洪水以前の預言者で、アダムから数えて7代目で、ノアの曾祖父にあたる。
ノアの大洪水の約700年前に生まれて365年間地上で生活し、肉体のまま昇天したことが記録されている。

昇天とは、変身体となって、鳥のように生きたまま天に昇っていくことである。
ちなみに、UFOはプラズマ原理で飛行しており、空中浮揚はプラズマで説明できる。
グレイ(河童=チュパッカブラ)も、プラズマを発生させて空中に浮くことが確認されている。
主にニューメキシコ州で騒がれている「フライングヒューマノイド」の正体も、チュパカブラだと考えられている。

エノクが昇天したことは、聖書に次のように記されている。

「エノクは365年生きた。
エノクは神と共に歩み、神が取られたのでいなくなった」

(「創世記」第5章23〜24節)

「信仰によって、エノクは死を経験しないように、天に移されました。
神が彼を移されたので、見えなくなったのです」

(「ヘブライ人への手紙」第11章5節)

「天使たちが出てきてエノクを連れ去り、上の天に上げた」
(「エノク書」第18章)

「かの男たちが私を呼び、翼に私を乗せて飛翔させた」
(「エノク書」第3章)

聖書で昇天したことが記録されている預言者は、エノクの他に「エリヤ」と「イエス」がいる。
イエスは「天の雲」に乗って昇天し、エリヤは「火の車」に乗って昇天したという。
いずれも、UFOを思わせる描写である。
エノクは、「天使の翼」に乗せられて飛翔したとある。
本来、天使に翼はない。
翼は象徴である。
エノクは生身で1人で昇天したのではなく、UFOに乗せられて飛翔したとも考えられる。
それはともかく、エノクは昇天してどこに行ったのだろうか。
天使の翼がUFOだと仮定すると、UFOに乗っていた天使とは、一体どこからやってきて、その正体は何者だろうか。
エノクが連れて行かれた「天」と称される場所は、一体どこを指しているのだろうか。
posted by 夢蛇鬼-mujaki- at 05:58| Comment(1) | エイリアンとUFO問題の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有翼人種(スカイピープル)の謎
http://new-mu.seesaa.net/article/309397435.html
Posted by 夢蛇鬼 at 2012年12月23日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。