2009年08月07日

初代天皇の座を奪った桃太郎(ピーチボーイ・メーソン)の謎

YamaTake.jpg

近代フリーメーソンが発祥する遥か昔、ヤマトタケルが尺金を使って、日本に大工を広めたことが『古事記』に記されている。
ヤマトタケルは仲哀天皇の父とされる人物だが、架空の人物という見方もある。
ヤマトタケルは「大和の英雄」という意味で、本名ではないだろう。
ただ、架空の人物だったとしても、歴史に記録されているという事は、モデルとなる人物がいたに違いない。
それも「英雄」として記録されている以上、征服者側「日向族」の人物である事は間違いないだろう。

まず、ヤマトタケルは大工だった。
即ち、ノアからカッバーラを正統継承した「セム系イスラエルメーソン」の末裔である。
イスラエルメーソンはエジプト脱出後、古代イスラエル王国を建国したが、やがて世界に離散し、古代日本にも渡来していた。
日本語や日本の文化・風習などの多くも、イスラエル民族からもたらされたものが多く、日本神話の一部も聖書の焼き直しということになり、日本神話に登場する神々の髪型や衣装も、ユダヤ教一派の特徴である。
そして、天皇である「天照大神=ヤハウェ」の啓示を預かる預言者が陛下なのだ。

イメージ画像(本記事の内容とは無関係です)
imagesCAJ9JRJC.jpg

だが、天皇陛下には実は2つの系統が存在する。
天照大神の勅命によって、高天原から九州に降臨したのが現在の天皇家のルーツとなる「ニニギノミコト」で、同じく天照大神の勅命により、天磐船で河内国に降臨した「ニギハヤヒノミコト」が存在する。
前者は「日向族」、後者はスサノオの子で「出雲族」である。
「天磐船」はUFOを彷彿させるが、残念ながらそうではない。

アリオンは、次のように説明している。

「アマ族は紀元前3〜2世紀頃、パミール高原を旅立って、陸路と海路の2つのグループに分かれて日本列島に向かった」

天磐船の「天(あま)」は「海」を意味し、高天原は「高海原」という事になるが、海原よりも高地にある陸、更に言えば「高原」であろう。
アリオンの話と重ねれば、高天原は「パミール高原」ということになる。
イスラエル民族の本隊は、国家崩壊後、パミール高原に移住していたのだろうか。
アリオンによると、2つのグループは日本で合流した後、一致協力して日本を治める約束をしていたが、日向族は出雲族に皇位継承の証である「十種神宝」の引き渡しを要求してきたという。
最終的に、出雲族は日向族に政権を奪われ、封印されたというのだ。
だが、日向族と出雲族は同じ民族である。
その対立構造の根源は、宗教争いによって分裂したイスラエルの「2支族」と「10支族」の対立だと、夢蛇鬼は睨んでいる。
出雲族は製鉄民で、金棒が鬼の象徴となっている通り、「桃太郎」の話の骨子は、出雲族を鬼として虐げ、製鉄技術や鉄製品を強奪した日向族の物語である事は間違いないだろう。
そして「桃太郎」は恐らく、出雲タケルを謀殺した「ヤマトタケル」がモデルとなっている。
ズバリ言うと、スサノオ(鬼)を退治した現天皇家が「桃太郎」ということになる。
つまり、桃太郎の正体は大和朝廷を築いた日向族であり、現天皇家なのだ。

momojin.jpg

桃太郎は、桃の特産地である岡山県(吉備国)が舞台となっている。
また、鬼門に桃の木を植えたり、ひな祭りを「桃の節句」というように、桃には魔除けの意味がある。
岡山県は、産鉄地の島根県(出雲国)に隣接し、島根県が「鬼ヶ島」という設定だろう。
そして、桃が川から流れてきたというのは、桃太郎が出雲出身ではないこと示している。
川の水は川上から流れてくる。
つまり、桃太郎は大和国から遠征に来た英雄「ヤマトタケル」を示唆する。
童話『桃太郎』の作者は、間違いなく日向族である。
それは、桃太郎を祀る神社が全国に存在することからも明らかで、秦氏が創建に関わっている。

尚、初代天皇とされる神武天皇には、少なくとも2人の人物像が重なっている。
神武天皇の神話は「アレクサンドロス伝説」の投影だが、その名乗りを継承するスサノオ、そして東征した神武天皇の正体は「ニギハヤヒ」である。
つまり、神武天皇は「出雲族」なのだが、何故か「日向族」ということにされている。
神武天皇は「初代天皇」である。
それ故、ニギハヤヒを抹殺した日向族の人物が、神武天皇にすり替えられたのだ。
前者を「出雲タケル」、後者を「大和タケル」に置き換えても良いだろう。
或いは、前者を「鬼」、後者を「桃太郎」に置き換えても良い。
尚、日向族の神武天皇は、日向国(宮崎県)から大和国(奈良県)に移住する過程で、吉備国(岡山県)にも住んでいた。
つまり、桃太郎は現在の天皇家の祖だったのだ。
厳密に言えば、ニギハヤヒは大和の三輪山に葬られている。
従って、出雲国(鬼ヶ島)の鬼は、根の国(島根県)に封印された「スサノオ」だと言えよう。
posted by 夢蛇鬼-mujaki- at 18:30| Comment(0) | アセンション浪漫的複合解釈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。