2009年08月25日

豊受大神の正体と籠神社の謎

1165475653777.jpg

丹波地方には、籠神社以外にも「元伊勢」の名を持つ神社が存在する。
大江山の近隣に鎮座する元伊勢外宮「豊受大神社」と、元伊勢内宮「天照大神社」である。
豊受大神(豊受姫命)の正体が「ヤハウェ」である事は既に述べたが、外宮の神職が起こした伊勢神道(度会神道)によると、豊受大神は「天御中主神」や「国常立尊」と同一の根源神だと定義している。
国常立尊は「ルシファー」で、ヤハウェは「天照大神」である。
天照大神を「イエス・キリスト」に対応させた場合は、「ヤハウェ=天照大神」となるが、神霊としての天照大神は本質的に「ヤハウェ」に対応する。
つまり、豊受大神は「ヤハウェ」と「ルシファー」の合体神という事になるのだ。

「ヤハウェ=天照大神」+「ルシファー=国常立尊」=豊受大神

これは私の勝手な解釈ではなく、王仁三郎も同じ事を説いている。
厳密に言えば、豊受大神は、ヤハウェとルシファーの表裏一体性ではなく、同一性を物語っている。
実はこの公式には深い意味があり、詳細は神仙組2で述べていくが、ここでは伊勢神道に基づいて、「豊受大神=国常立尊」だと理解して頂きたい。
つまり、元伊勢外宮の主祭神は、九鬼氏の祖神である「艮の金神」だったのである。
ところが、元伊勢外宮の神職は藤原氏の流れを汲む河田氏である。
更に、元伊勢外宮の源流である籠神社も、崇神天皇の創建だとされている。
征服者が、被征服者を主祭神として祀っているのだ。
それは、上賀茂・下鴨神社にも言えることである。
近々、私はこの事を世界で初めて暴露する予定だが、話には順序があり、事も重大な内容だけに今はまだ秘密のままにしておこう。

話を戻すが、征服者が被征服者(及び封印した神)を祀っている事について、「籠神社」という社名は非常に興味深い。
豊受大神は国常立尊、即ち龍神である。
「籠」という漢字は、竹で龍が封印されている象形文字である。
もっとも、漢字辞典では、もともと竹冠に「留」だったと説明されているが、難しい漢字に転化する事は有り得ない。

では、「籠」とは何か……。籠は籠目紋(六芒星)で編まれている。
そして、「イエス・キリストを封印した桃太郎」に記した六芒星の字義を思い出して欲しい。
http://mujaki666.seesaa.net/article/125097960.html

また、「六」は八が封印されている象形文字である。
八とは、スサノオ及び出雲族、そして八岐大蛇であるルシファー(国常立尊)である。
獣の数字「6」は、「8」が封印されている状態を表しているのだ。
聖書の観点から見れば、「8」は真の「ヤハウェ」であり、民族的には「ハッティ(ヒッタイト)」を意味する。

では、龍を封印している「竹」は何を意味するのか。
まず、私が思い付いたのは角松の3本の竹槍で、これは絶対三神を象徴すると同時に、邪気祓いの意味を持っている。
邪気とは何か……。実は、角松の竹の横に添えられている「松」である。
竹と松と来たら、連想するのは「梅」である。

『大本神諭』の冒頭には、梅が登場している。

「三千世界一度に開く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ。
梅で開いて松で治める、神国の世になりたぞよ」


夢蛇鬼説では、竹は日向族の象徴樹である。
これを明確に証明する事は今のところ出来ないが、竹と言えば「かぐや姫」。
私の得意なロマン的解釈で、解説を試みることにしよう。

posted by 夢蛇鬼-mujaki- at 14:43| Comment(11) | 日月神示の暗号と5度の岩戸開き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
豊受大神の解き明かし・・・ありがとうございます。
閣下の前に予型として現れた3年前の方も、河田氏でした。
その方は父親から家系図みたいなものを示され、よその家庭とは違うのだと厳しく教育されたと話されていました。
その方自身は神を信じられない苦悩を抱えているようでした。
福知山出身とだけ聞かされ、それ以外の情報は与えてくれなかったのですが、おそらく河田氏ゆかりの人間だと思います。
やはり私の信仰は閣下にて完結するようですね。
てんでバラバラな事象が神仙組という枠組みにピタッと納まる予感を持ちつつ、今後の展開を期待します。
Posted by オクト28 at 2009年08月26日 17:11
豊受大神は実はまだ奥が深いのですが、一度に話を進めるとややこしくなるので、とりあえずこんなところです。。。
ん〜、きっとその河田氏は元伊勢外宮の河田氏の一族でしょう・・・
何か極秘伝承を聞き出せればいいんですんけどね^^;
Posted by 獣 at 2009年08月27日 03:14
確かに・・・。
恐れながら、その証明の為の閣下とのカップリング(?)なので、資源は閣下の救世主としての実力と私の信仰の力以外は宛てにはできません^^;
私も京都の彼が元伊勢の河田氏だとは神仙組で知ったのですから・・・。
彼は秦氏かヤタガラスのような人間です(よく知りませんが^^;)
機関は彼と共にあらわれたので証明の責務は私にあるようなのです。
「神を求めたことありますか?」と尋ねたら、
「全くないっ!!」と拒絶されたのですから、末枝末葉だとは疑っても、まさか本家本元だとは想像だにしませんでした。。。
イエスの「知っている人間よりは、まるっきり知らない人間の方が幸いである」のように、一般人より過失は大きいでしょうね。
・・・その失点を私を使って取り戻すつもりなのでしょう。
アカシックレコードのデータベースから引き出すより手段は許可されていないようです。
お役に立てないですみませんm(_ _)m

Posted by オクト28 at 2009年08月27日 10:24
河田氏は秦氏と紙一重の血統だと思います。
345の封印の開封・・・
ヒントは掴んでいますが、まだ自分では解明できないです。
特定の神社を燃やすとか、そういう系になってしまいます・・・
今、ショッキングな内容の記事を作っています。。。
Posted by 夢蛇鬼 at 2009年08月28日 07:18
謎のオバマについて弟が書いているので見てみて下さい。
http://worldconspiracies.seesaa.net/
Posted by 夢蛇鬼 at 2009年08月28日 07:21
神仙組・・いつの間に秘密結社になったのですか?
ヤタガラスってチンドンやみたいなイメージしか抱いてなかったのに、信仰を突き詰めたところにエルサレム神殿のようにそびえているのかもしれないと感じ始めています^^;

『バビルU世』の歌が流れますね〜
砂の嵐に隠され、コンピューターに護られた〜♪^^

彼らが本当に真の歴史を握っているのなら、私達の現実って彼らの提供する仮想世界ですね^^;

閣下の記事は大人な造りになってるので、ビジュアル的に重大さを実感しないのですよ。
恐ろしい内容をサラッと流してるので読み手の主観に任せているのかしら・・と思っているのですが^^;
弟君の記事の内容も・・玉砕しました〜(x_x)〜


Posted by オクト28 at 2009年08月28日 12:31
七五三の暗号(別バージョン)…友人から聞いた話

今回も、三つ子素数7・5・3と、偶数の素数2(2乗)を使います

(7×5)=35

(7×5)−3=32

(7×5)−3−3=29

(7×5)−3−3−3=26

以下同じように続く

奇数をプラス、偶数をマイナスとすると

+35−32+29−26+23−20+17−14+11−8+5−2=六+六+六

では、2乗すると、どうなるのでしょうか?

+(35×35)−(32×32)+(29×29)−(26×26)+(23×23)−(20×20)+(17×17)−(14×14)+(11×11)−(8×8)+(5×5)−(2×2)=???(超神秘的な数)

感謝
Posted by ありがとう^^感謝 at 2009年09月01日 10:06
ありがとう^^感謝さん、おひさしぶりです〜!
またもや、666ですか・・・(><)
Posted by 獣 at 2009年09月02日 02:05
おひさしぶりです^^

鬼門と絡めると

35→3+5=8(八白土星=東北=表鬼門)
32→3+2=5
29→2+9=11  1+1=2(二黒土星=南西=裏鬼門)

26→2+6=8(表鬼門)
23→2+3=5
20→2+0=2(裏鬼門)

以下同じように続く

という解釈もあります

感謝
Posted by ありがとう^^感謝 at 2009年09月03日 10:05
夜分すみません、豊受大神さまに導かれて
このホームページにたどり着きました。
まだご覧になっていればいいのですが
自分は古代海人族の一派高橋の血筋のものです。
障害者であり世間様に顔向けできないのですが
色々ご教授くださいませ。それではまた会いましょう
Posted by 高橋秀樹 at 2015年11月09日 02:09
高橋秀樹さん、こんにちは。

現在の私のメインブログは以下の2つです。

コチラにご訪問頂ければ幸いです↓

魂の覚醒剤
http://gasorin-king.seesaa.net/

覚醒戦隊ゴジゲンジャー
http://ameblo.jp/tenka-yotarou
Posted by 夢蛇鬼 at 2016年01月19日 04:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。