2010年11月23日

恐怖の消滅と勇気のパワー

ti_about.jpg

聖徳太子は「2020年に世の中の全てがひっくり返る」と予言しているが、インカ族の末裔ケロ族も、現代を「パチャクティ(全てがひっくり返る)時代」と呼んでいる。
つまり、反転ポイントである。

エハン氏は次のように述べている。

「これから起きるカタストロフ的なことは、我々の心の反映に過ぎない。
外の世界も内なる世界もない。
つまり外で起きるカタストロフによって、内なる世界が影響を受けるのではなく、内なる世界によって外の世界が影響されるということである。
最後の世界がどうなるかは、我々の理解の仕方次第なのである」


『日月神示』やサイババも語っている通り、時代の節目に人災、地災、天災といった「三災」が連続して起こるのは、人間の心と相互に関係しているからなのだ。
政木和三氏はフーチパターンという、磁石を利用した人間性測定器を発明し、次のように述べている。

「地球磁場の変動は何によって起きるのか。
人間性の測定が磁石によってなされるとすれば、磁石と人間の生命体には何らかの関係があるのではないだろうか。
関係があるとすれば、現在の人間の自分さえ良ければという思想によって、数億もの人間の不平不満、傲慢、妬み、そしり、横暴などによる生命体エネルギー、精神エネルギーの心の乱れがこの世に充満し、大きなエネルギーとなり、地球磁場の可能性も出てくる。
もしそうだとすれば、人間ひとりひとりの心の持ち方によって、天変地異も起こることになるのではないだろうか。
我々ひとりひとりが和の心を持ち、歪んだ生命体エネルギー、精神エネルギーを外部に出さないようにしなければならないのである」


2012年の終末に向けて、我々はどのようにすれば生き残ることができるのだろうか……。
少なくとも、次元上昇していく波動エネルギーに適応することが最低条件である。
それにはまず、「今の自分を肯定する」ということを述べた。
だが、これだけでは説明不足で語弊がある。
完全円満なのは、あくまでも「実相」であり、それを肯定するということである。
実相とは「本質」のことで、自我ではなく「魂=神」であり、完全円満ではないと認識している今の自分の現状と自我意識はあくまでも「結果」であることを認識し、それを受け入れるということである。
結果であることを受け入れることができれば、次のことも同時に肯定できるようになるだろう。

アリオンはいう。

「この先、目を奪われる事多くあれど、安き心もて諸事に当たれよ」

「さて、時は熟してきた。破壊を恐れるな、真の破壊には創造が必ずセットされているからだ」

「始まりの鼓動は痛みを伴うものだということを忘れないように」

「始まりは終わりと似ている…終わりだと勘違いする事の無い様に」


『日月神示』には次のように示されている。

「富士は何時爆発するのざ、何処へ逃げたら助かるのぞと云う心我れよしぞ。
何処に居ても救う者は救ふと申してあろうが。悪き待つキは悪魔のキざぞ」

「一日に十万の人死ぬとき来たぞ、世界中の事ざから、気を大きく持ちてゐて呉れよ」


天変地異や戦争などが多発しても目を奪われず、安心して気を大きく持つように……とのことだが、全てが『結果』であることが理解できれば、素直に受け入れる勇気が湧いてくるだろう。
逆に言えば、恐怖心を捨てなければならないということである。

「あなた方の間には何ひとつ恐怖がないようにせよ。
準備した者たちはその光が現れる時に引き上げられ、これらの体を離れ去るであろう。
自らを引き上げつつ、彼らは光のようになり、自らの一部であるあの光に磁石のように吸い寄せられていく」
(ポール・ソロモン)

「ピンチになると、ひとりひとりは恐怖やパニックにコントロールされてしまいます。
しかしその状態にとどまっていては、人間は次に進めません。
人はピンチになれば火事場の馬鹿力が出ますよね。
潜在している能力が開き、助け合い、協力して乗り越えようとする。
それが結果的に、私たちの多くを高い次元へ導くこととなるのではないのではないでしょうか。
人類全体の意識が、平和や愛に満ちた高い次元に進むために必要なこと、と言い換えることもできるでしょう」
(エハン・デラヴィ)

power-or-force.jpg

努力によって恐怖を克服することは凡人にはなかなかできないが、「肯定」することによって「勇気」が湧き、「恐怖」が消滅するのだ。
これを裏付けるデータが存在する。
エハン氏&愛知ソニア氏が翻訳した、精神科医デビッド・ホーキンス博士の著書『パワーVSフォース』に、新しいパラダイムにシフトする時代において、権力から自由へと変化することが述べられている。
筋肉の性質を利用してモノのレベルを測定するキネシオロジー・テストで、数百万人の測定が行われ、人に活力を与える「パワー」と、人から活力を奪う「フォース」があることが発見された。
このデータを基に、20〜1000までの指数で表される「意識のマップ」というグラフが作成されている。

「レベル(感情)=指数」は低い順に……

恥(屈辱)=20
罪悪感(非難)=30
無感動(絶望感)=50
深い悲しみ(後悔)=75
恐怖(心配)=100
欲望(切望)=125
怒り(憎しみ)=150
プライド(嘲笑)=175


これらはフォースの領域に属しており、これらの感情が主に支配している人は、どう頑張ってもフォースの世界に留まりがちで、権力や暴力に脅かされたり、逆に他人に権力や暴力を及ぼしやすい性質を持っているという。
より高い意識の「パワー」の領域に入るブレイクポイントが、「勇気」なのだ。
この勇気がなければ人間は行き詰まり、エントロピーの法則で破滅に向かうとされている。
この本には、勇気の偉大さの例として、マハトマ・ガンジーやネルソン・マンデラなど、個人で権力に立ち向かって勝利した人物のことが書かれている。
エハン氏は、「勇気が湧いてくると、アセンションのスパイラルに入ることができ、人間はどんどん進化する可能性が高まっていく」と述べている。

だが、努力によって勇気が湧いてくる訳ではない。
実は、この「勇気」の感情が「肯定」なのだ。
では、意識マップの「パワー」領域を見てみよう。

勇気(肯定)=200
中立(信頼)=250
意欲(楽天的)=310
受容(許し)=350
理性(理解)=400
愛(崇敬)=500
喜び(静穏)=540
平和(至福)=600
悟り(表現不可)=700〜1000


「天地の波に乗ればよいのぢゃ、楽し楽しで大峠越せるぞ」(日月神示)

「悟りとは聖者になることではなく、マインド(思考)から自由になって、今を楽しむということだった」(カルキ)

マインドから自由になることが悟りというのは、「自我の消滅=意識進化」という事である。
つまり、「実相は完全円満」であることを悟ることが「肯定」であり、「自我の消滅」に繋がり、それが「楽しみ」に通じ、「恐怖」は自然消滅するということだ。
何故なら、恐怖は実在ではなく、自我意識の影だからである。
そして「肯定」ということは、フォースを否定して、「善」的な道徳や戒律に縛られる事とは異なる。

pdvd_044.jpg

森田健氏も次のように述べている。

「歴史は自由を獲得する戦いにも見えました。
人類が進歩発展するには、まず自分が個を確立して自由に向かわなければならないと思いました。
しかし自由とは流れに乗って個を手放す時に、逆に感じられるものだったのではないでしょうか」


全てを「肯定」することにより、フォース領域から脱却し、自由の世界であるパワー領域に上昇していくのは間違いなさそうである。
ヒンドゥー教、仏教、キリスト教、神道の元々のレベルは全て指数1000、ユダヤ教も985という高レベルだったのが、時代と共に下がってきているという。
神道と仏教とヒンドゥー教は高レベルを保持していて、神道は950、大乗仏教は960、小乗仏教は890、ヒンドゥー教は850となっているが、キリスト教は498、ユダヤ教は499にまで下がっている。
また、イスラム教は720という測定結果だが、原理主義のテロリストたちの平均は125〜130の意識指数だという。
彼らの意識指数が、「勇気」とは程遠い数値なのは、教義に拘ったり、他宗教を攻撃したり排除するという思想が原因だと、船井幸雄氏は語っている。

日月神示にも、こう示されている。

「神から出た教えなら、他の教えとも協力して共に進まねばならん。
教派や教義に囚われるのは邪の教え」


全人類の意識レベルの平均値は203だが、最近の日本人の意識レベルの平均値は620で、世界的に高レベルだという。
知花氏がシャンバラ本部で見たという「意識のランプ」は、日本人のコーナーは全体的に暗かったと言っているので、日本人の意識改革が進んでいることが分かる。

『日月神示』には次のようにある。

「岩戸ひらきとはこのことであるぞ、少し位は人民つらいであろうなれど、勇んでやりて下されよ」

「小さい事、大きい事、皆それぞれに御役勇んで仕へまつれよ」

「縁ある人は勇んで行けるのぢゃ」

「因縁のある身魂はこの神示みれば心勇んでくるぞ。
一人で七人ずつ道伝えてくれよ。その御用がまず初めの御用ぞ。
この神示どおり伝えてくれればよいのぞ。自分ごころで説くと間違うぞ。
神示どおりに知らしてくれよ」


但し、一言で「勇気」と言ってしまうと語弊がある。
多くは、恐怖の裏返しの勇気であり、本当の勇気には肯定が伴っていなければいけないのだ。
「勇気」とは何か……アリオンのメッセージを、もう一度読み直して頂きたい。

「ようやく曙光が見えたと思ったら、嵐の前触れである大きな黒雲があるだろう。
しかし、勇気ある者たちよ、怯んではならない」


更に、別の観点からも「勇気」について検証してみよう。
posted by 夢蛇鬼-mujaki- at 20:05| Comment(0) | カテゴリ未決定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。