2010年11月23日

人類進化を促進するカルマの法則

51QH7346YGL.jpg

バーチが説くカルマの概念を、『シルバー・バーチの霊訓』の抄訳書『古代霊は語る(近藤千雄)潮文社』から抽出して紹介しよう。

「因果律は必ずしも地上生活期間に成就されるとは限りません。
しかし、いつかは成就されます。必ず成就されます。
原因があれば結果があり、両者を切り離す事は出来ないのです。
しかし、いつ成就されるかという時間の問題になると、それは原因の性質如何に関わってきます。
すぐに結果の出るものもあれば地上生活中に出ないものもあります。
その作用には情状酌量といった情けはなく、機械的に作動します。
罪を犯すと、その罪がその人の霊に記憶され、それなりの結果を生み、それだけ苦しみます。
それが地上生活に出るか否かは私にも分かりません。
それは色んな事情が絡んだ複雑な機構の中で行われるのですが、因果律の根本の目的が永遠の生命である霊性の進化にある事だけは確かです」

「あなた方がスピリチュアリズムと呼んでいるものも神の法則の一部です。
神は宇宙を法則によって統一し、法則を通じてその意志を表現しているのです。
宇宙のどこを探しても、法則の支配しない場所などありません。
人間がこれまでに知り得た範囲に限りません。
それより遥かに大きい、人智の及ばない所までも、完全に神の法則が支配しております。
自然界の法則はいわば神の定めた法律です。
人間界の法律といわれるものには変化(改正)がつきものです。
不完全であり、全てを尽くす事ができないからですが、神の法律は全てを尽くし、至らざる所はありません。
偶然とか偶発というものは絶対にあり得ません。
全てが規制され、全てが計算されているのです。
あなた方は肉体を具えていますが、これは一種の機械です。
肉体という機械を操りながら自己を表現しているわけです。
かりに悩みを抱いたとしますと、それは水門を閉ざすのと同じで、生気の通るチャンネルを失う事になります。
つまりエネルギーの供給がカットされ、不健康の要因ができあがります。
あなたがその事に気付くまで、肉体は悩みと病気の悪循環を繰り返します。
また悩みは肉体の霊的大気ともいえるオーラにも悪影響を及ぼし、それが心霊的バイブレーションを乱します。
悩みを取り除かない限り、心霊的エネルギーは流れを阻害され病気の要因となります。
悩みや恐怖心を超越する、言い換えると自我のコントロールが出来るようになるには、長い年月と厳しい修養がいります。
それも実は神の無限の愛と叡知から出た法則なのです。
その悩みに費やされるエネルギーを建設的な思考に切り替えれば、決して病いは生じません。
神の法則は完璧です。
そして、あなた方はその中の無くてはならない存在なのです。
向上進化という至上目的の為に必要な勉強のチャンスは、日常生活の中にいくらでも見い出せるのです。
私が法則を変える訳にはいきません。
原因と結果の法則は絶対であり、私がその間に入ってどうこうする事は許されないのです。
ただ、そういう法則の存在を教え、そんな心構えでいては病気になりますよと警告してあげる事は出来ます」

「心に思う事、口に出す言葉、そして実際の行動、このいずれにも責任を取らされます。
あくまで自分が責任を負うのです」

「もちろん法則と調和した生活を送っておれば病気も不快も苦痛も生じないでしょう。
病気とか不快とか苦痛とかは自然法則との不調和の信号に他ならないからです。
法を犯してその代償を払うか、法を守って健康を維持するか、そのいずれかになる訳です。
人間の思想・言動において動機というものが大きなポイントになる事は確かですが、法則を犯した事自体はやはり代償を払わねばなりません。
動機さえ正しければ何をやっても構わないという訳にはいかないという事です」

「ひと口に法則といっても、肉体を支配する法則もあれば、精神を支配する法則もあり、霊的な法則もあり、それらが絡み合った法則もあります。
そうした法則を人間はもうダメだというギリギリの段階に至るまで気がつかないから厄介なのです。
なぜでしょう。
人間と宇宙の真実の相を知らないからに他なりません。
要するにこの世は全て物と金と考えているからです。
が、そうした苦しみの末に、いつかは真実に目覚め始める時がやってまいります。
自我の意識が芽生え、内在する神性が目覚め始めます。
これも実は神の因果律の働きの結果なのです。
つまり苦しみが大きければ大きいほど、それだけ目覚める知識も大きいという事です。
別の言い方をすれば、神は宇宙の一番優秀な会計係と考えればいいでしょう。
収支のバランスをきちんと合わせ、使途の配分に一銭の狂いもありません。
あなたは受け取るに値するだけを受け取り、多すぎもせず、少なすぎる事もありません。
その価値判断はあなたの霊的進化の過程を考慮した上で行われます。
地上でごまかしやお目こぼしがきくようですが、霊的な事に関する限りそれは絶対に有り得ません。
大自然の法則は完璧です。
その背後には神の無限の愛と叡知が働いております。
私たちがこしらえたのではありません。
私たちはただその働きを知っているだけです。
原因があれば結果があり、その結果が新しい原因となってまた次の結果を生んでいくという法則です。
その間に何者も介入する事を許されません。偶然もありません。幸運もありません。
ただ法則があるだけです。法則が撤廃されるという事も絶対にありません。
執行の猶予も保留も妨害もありません。
絶え間なく機能し、変化する事もなく、また人為的に変える事も出来ません。
法則の中から都合のいいものを選ぶ事も出来ません。絶対なのです。
神とはすなわち法の極致であり、法の粋であり、いかなる力、いかなる情実をもってしても動かす事は出来ません」

「大切なのは魂の進化です。
あなた方は物質的なものさしで幸不幸を判断して、魂の開眼という観点から見ようとしません。
生まれる身分が高かろうが低かろうが、魂が開眼してその内なる神性を発揮する機会は全ての人間に等しく与えられております。
その環境は物的なものさしで言えば不公平といえるかも知れませんが、肝心なのはその環境を通じて魂の因縁を解消していく事です。
つまり苦痛を通じて魂の神性を開発していく事が究極の目的なのです」

「ラクな暮らしをしている人が心の中も決してみじめでない、苦悩や苦痛など微塵もない、と判断するのは一体何の根拠があっての事ですか。
ニコニコしているからですか。きらびやかな暮らしをしているからですか。
豪華な衣服を着ていれば心も満たされるのでしょうか。
因果律は魂の進化の為にあるのです。物質的な幸せの為にあるのではありません。
そうでなかったら、この世に真の平等がない事になりましょう」

「私の観る限り、偉大なる霊魂は大抵、低い身分の家に生を受けています。
現に過去の歴史をご覧なさい。
偉大なる指導者はみな身分の低い家柄から出ているではありませんか。
環境が厳しいほど魂は力強くなるのです。
悟りは環境との戦いの中から生まれるのです。
外面からではなく内面から物事を観るようにして下さい」


ここで少しジョークで反論させてもらうが、イエスはダビデ王の子孫、シッダールタはシャカ族の王子、秦氏の聖徳太子は摂政となった……いずれも王家に生まれた偉大な指導者ばかりだ(笑)

090804_1946~01.jpg

「あなた方が『なぜ神は』と不服を言う時、それは自然法則をありのままにお教えし、それに私自身の体験を交えてお話しているのです。
地震というのは地球の進化の過程における一種の浄化作用です」

「業というのは詰まるところは因果律の事です。
善因善果、悪因悪果というのも大自然の因果律の一部です。
その働きには何者といえども介入を許されません。
これは神の公正の証として神が用意した手段の一つです。
もしも介入が許されるとしたら、神の公正は根底から崩れます。
因果律というのは行為者にそれ相当の報酬を与えるという趣旨であり、多すぎる事もなく、少なすぎる事もないよう配慮されています」

「もし私の説く真理を聞く事によってラクな人生を送れるようになったとしたら、それは私が引き受けた使命に背いた事になります。
それに敢然と立ち向かい、それを克服し、そして一層力強い人間となって下さる事が私共の真の目的なのです。
霊的な宝は地上の宝のいかなる地上の宝にも優れます。
それは一旦身についたらお金を落とすような具合に失くしてしまう事は絶対にありません。
苦難から何かを学び取るように努める事です。
耐えきれない程の苦難を背負わされる事は絶対にありません。
何らかの荷を背負い、困難と取り組む事が、旅する魂の当然の姿なのです。
それはもちろんラクな事ではありません。
しかし魂の宝はそう易々と手に入るものではありません。
もしラクに手に入るものであれば、何も苦労する必要などありますまい。
痛みと苦しみの最中にある時はなかなかその得心がいかないものですが、必死に努力し苦しんでいる時こそ、魂にとって一番の薬なのです」

「燦々と太陽の輝く穏やかな日和には人生の教訓は身に染みません。
魂が目を覚ましそれまで気付かなかった自分の可能性を知るのは時として暗雲たれこめる暗い日や、嵐の吹きまくる厳しい日でなければならないのです」

「地上の人生は所詮は一つの長い闘いであり、試練なのです。
魂に秘められた可能性を試される戦場に身を置いていると言ってもいいでしょう。
魂にはありとあらゆる種類の長所と弱点が秘められております。
即ち動物的進化の名残である下等な欲望や感情もあれば、あなたの個的存在の源である神的属性も秘められているのです。
そのどちらが勝つか、その闘いが人生です。
地上に生まれてくるのはその試練に身をさらす為なのです。
人間は完全なる神の分霊を受けて生まれてはいますが、それは魂の奥に潜在しているのであって、それを引き出して磨きをかける為には是非とも厳しい試練が必要なのです」

「悲しみは、魂に悟りを開かせる数ある体験の中でも特に深甚なる意味をもつのです。
悲しみはそれが魂の琴線に触れた時、一番よく眠れる魂の目を醒ませるものです。
魂は肉体の奥深くに埋もれている為に、それを目覚めさせる為には余程の強烈な体験を必要とします。
悲しみ、無念、病気、不幸等は地上の人間にとって教訓を学ぶ為の大切な手段なのです。
もしその教訓が簡単に学べるものであれば、それは大した価値のないことになります。
悲しみの極み、苦しみの極みにおいてのみ学べるものだからこそ、それを学べる準備の出来た霊にとって深甚なる価値があると言えるのです」

「困難にグチをこぼしてはいけません。困難こそ魂の肥やしなのです。
むろん困難の最中にある時はそれを有難いと思う訳にはいかないでしょう。辛いのですから。
しかし後でその時を振り返ってみた時、それがあなたの魂の目を開かせるこの上ない肥やしであった事を知って、神に感謝するに相違ありません」

「私共と同じくあなた方も法則の中で生きております。
そして病気は法則との調和が乱れた結果として起きるのです。
言ってみれば、霊として未熟である事の代償として支払わされるのです。
しかしその支払いには補償という法則もあります。
物事には得があれば損があり、損があれば必ず得があるのです。
物質的な観点からすれば得と思える事も、霊的な観点からすれば大きな損失である事があります。
全ては進化を促す為の神の配慮です。
教訓を学ぶ道は色々ありますが、最高の教訓は痛みと苦しみと困難の中でしか得られない事があります。
それが病気という形で表れる事もある訳です。
人生は光と陰の繰り返しです。片方だけの単調なものではありません。
喜びと悲しみ、健康と病気、晴天と嵐、調和と混乱、こうした対照的な体験の中で進歩が得られるのです。
その双方に神の意志が宿っているからです。
良い事だけに神が宿っていると思ってはいけません。
辛い事、悲しい事、苦しい事にも神が宿っている事を知って下さい」
posted by 夢蛇鬼-mujaki- at 21:24| Comment(0) | カテゴリ未決定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。